カテゴリー
未分類

【活動レポート】事後インタビュー(明星学苑)

 2021年1月30日(土)、2月23日(火・祝)の2日間で、Zoomを使用した「シゴトのチカラオンライン」を明星学園の生徒に対して実施しました。

プログラムから約1~2か月後、3名の生徒に、事後インタビューに答えてもらいました。

シゴトのチカラを受けた感想や、その後の行動・気持ちの変化などを聞くことができたので、その内容の一部をお伝えします。

プログラムを受けた高校生の反応

プログラムを受けて素直な感想、プログラム後の変化

  • Aさん
  • 食べていくために働いていくものだと思ってたけど、みなさんが仕事を楽しんでしているのを聞いて楽しみになった。シゴチカで失敗を恐れず挑戦するって決めてから挑戦するチャンスがなかったけど、前回落ちちゃった英検にもう一回チャレンジして、次は受かりたい!
  • Bくん
  • 自分は頑固で自分の意見を持ったら他の人の意見を聞かないような人だったけど、シゴチカの後は部活の練習メニューの話し合いでも、他の人の意見を聞いて「こういう意見もあるんだな」って思えるようになったし、まとめ役の相手の立場の気持ちが前よりわかり、役に立てるようになれたと思う。
  • Cさん
  • 社会人2人とも大変な思いをして(でもそれが)ちゃんと仕事に繋がってるんだなと思った。「難しい」「できない」じゃなくて、「できる」って思ってちゃんとやるべきだなと思った。 シゴチカの後、「苦手科目から逃げない」という夢に向けての小さな目標を立てて、わかんないところなんかも動画見たり問題解いたりしたら、この前の定期テストの点数が良かった!これからも理系科目から逃げないようにしようと思った。

高校生からみたシゴトのチカラ、大学生ナビ

  • Aさん
  • 高校生でも目標に詰まっちゃうことがあるけど、大人でもつらいことあるんだってわかってためになった。自分から意見を言うのは得意じゃないけど、大学生が先に自分の意見を言ってくれたので言いやすかったし、フレンドリーに接したり当てたりしてくれたので発言しやすかった。
  • Bくん
  • 参加前は、次は大学生なのに堅苦しい仕事の話なんて何につながるのかなって思ってたけど、(仕事だけじゃなくて)大学のことも含めて将来として考えるようになった。自分の今につながるからためになって、やって良かったと素直に思える。専門的で難しい内容も、大学生ナビが噛み砕いたり身近なことに置き換えてくれたおかげで、わかりやすく身近に感じさせてくれた。ブレイクアウトのメンバーはみんな初対面だったので自分のことを語るのに抵抗があったけど、休憩で大学生が話しかけてくれたので若干話しやすくなった。オンラインだったから1人でやっている感じが強かったけど、同じ”好きなもの”を持っている人には親近感が湧いて話が耳に入ってきやすかった。
  • Cさん
  • ・シゴチカで自分が発言する場があるかもわからず、コミュニケーションの面で不安だったけど、大学生が相槌してくれたりして発言しやすかった。ブレイクアウトは知らない人と話すのが苦手だし女子1人で抵抗があって、めっちゃ緊張して汗だくだくだったけど、自己紹介の時に言ったお気に入りのものから話が広がってそのあと話しやすくなった。「Cちゃんはどう思う?」って当てたりして発言しやすい環境を作ってくれて、人見知りの私には憧れですごいなって思った。

学生ナビの振り返り

事後インタビューで生徒と話して

  • ゆうか
  • 今回は生徒がタブレットからの参加で高校生の表情が見えにくかったこともあり、彼らの反応がわからず、終わった後も不安のままでした。でも、実際にシゴチカの後の生活で何か意識することがあったり、仕事に対してや普段見聞きしているものに対して感じることがあることがわかり、少なくともこれからの彼らの人生に影響を与えることができたんだと安心しました。
  • かのん
  • たった半日のために、社会人、大学生、サポートスタッフの方など、たくさんの方が1ヶ月以上準備してますが、実際高校生にとって、どうだったのかということが、オンライン上ですが聞くことができてよかったです。1番聞いていて嬉しさを感じたのは、仕事ということが少し身近に感じられるようになったという意見です。少しでも、先のことを考えられるきっかけを作れたのかなと思い、頑張ってよかったなと感じました。

今回のシゴチカを振り返って

  • ゆうか
  • 2月回、ナビとしては初&ラスト参加でした。持ち前の明るさでなんとかなると臨んだ本番。相手の反応がわからず、想像以上にやりにくさや手応えの薄さを感じていました。 しかし、今振り返ってみるとシゴチカへの理解が足りていなかったなと思います。高校生の変化だけがゴールと思っていましたが、いろいろな人の思いや大学生・社会人自身の成長もある場だと感じさせられました。仲間がいて、励ましあって、誰かの思いを伝えていく。それを最初からわかっていたら、わたしにとってまた違ったシゴチカになったかなと。でも自分自身、自分の成長を求めて参加したわけではありませんでしたが、実際に振り返りで宣言した「相手に興味を持つ」が今めちゃめちゃ活きています。その発見と経験が最高のギフトです。ナビとして参加できて本当に良かったです!!
  • かのん
  • 今回は、高校生にどう伝えれば、自分の思いが伝わるのか、オンラインという壁を越えて楽しんでもらえるのか考え取り組みました。時々表情が見えなくて不安な時もありましたが、高校生たちのチャットや発言を聞いて、伝わっているんだということを感じました。前回参加したときは、同じクラスのナビ・社会人・サポートスタッフの方とコミュニケーションをとる余裕がないくらい自分自身のことで精一杯だったのですが、今回は、同じクラスのメンバーとお話をすることを通して、温かいチーム作れたので、その温かさが高校生たちのも伝わっていたかなと思いました。とても楽しい1月回でした。

みんな頑張れ!応援してます!(シゴトのチカラ学生ナビ一同)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中