OBが語る仕事で活きている「シゴチカ」経験

OBの声を紹介しています

 ありえる

1.就職業界

人材業界

2.今の仕事

採用を考えている企業に対してネットの広告媒体に求人掲載を紹介する営業

3大学生ナビの経験がどう生きている?

まずは、素直にやってみる!そしてできなかったら誰かに相談してみる!という姿勢

私の仕事は、常に何がお客さんにとってのベストなのかを考える仕事で答えは一つではありません。失敗もあるけれど、やってみなかったら失敗したことすらわかりません。シゴチカナビは、高校生や社会人の間に入って、どうしたら高校生に楽しんでもらえるか、どうしたら社会人にやってよかったと思ってもらえるか。毎回人が変わるので常に考える必要があります。それでも「まずは、やってみる!」を大事にしていれば、できることが増えて行く楽しさを感じてもらえると思います。できないことは周りの仲間が一生懸命考えてくれます。自信が無くても大丈夫ですよ!

4.最後に一言! とりあえず1回やってみてください!そしたら、楽しい雰囲気をわかってもらえると思います❤️

えいちゃん

1就職業界 

クレジットカード業界

2今の仕事は?

お客様の電話窓口で対応するオペレーターのリーダー業務。育成や彼らが対応できない案件(クレーム等)の対応。電話窓口で案内する商品のセールス方針策定

3大学生ナビの経験がどう生きている?

ずばり!育成力

シゴチカで社会人のプレゼンFBの際に意識していた「褒めてから悪い点を挙げる」ことが、オペレーターを育成する上でもかなり活かされています。それに、「答えをすぐに提示するのではなく道筋を示す姿勢(指導ではなく育成というスタンス)」も、現在のオペレーターや新入社員育成の根幹として活きています。  4最後に一言メッセージ

愛梨

1就職業界 

 地方公務員(消防士です!)

2今の仕事は?

火災の消火活動、出火原因の究明、市民への火災予防の指導、建物に設置されている消防設備が常時使用可能かどうかを検査し指導が主な仕事です。また、救急搬送も行っています。救急車に乗っているのは、医師ではなく、資格をもった消防職員なんですよ。

3大学生ナビの経験がどう生きている?

相手を意識したコミュニケーション。大人との会話スキル

消防訓練や地域の防災訓練で、火災や災害時の対応について説明をするとき、高校生たちに説明をしていた注意点を意識しながら、行っています。例えば、専門用語を使わない言葉選びや、具体例を出して、相手に理解しやすくするなどです。また、「職場での人間関係」を構築する上で、社会人との会話の機会が多く持てるシゴチカで培った、「大人と会話するスキル」も意外と重要です。若い子とどうコミュニケーションを取ろうか。職場の大人たちは、すごく敏感です(笑)。

4最後に一言メッセージ  

仕事をしていると、「学歴」なんてものは、意味をなくしていきます。重要なのは、今までの生活で何を学び、どんな能力を培ってきたか、です。人生無駄なしとはよく言いますが、それは様々な経験には無駄なことは一つも無いという意味だと私は思います。大学生ナビを通して何を感じるのか、それはあなた次第です。大学での勉学では得られない「経験」をあなたがこれを通して得られるように、応援しています。

   

ゆうすけ

1就職業界 

 エンターテイメント/テーマパーク

2今の仕事は?

劇場で行うショーの公演責任者(ステージマネージャーと言います)として、ショーのクオリティや出演者の管理を行ったり、新規ショーの開発などに携わっています。

3大学生ナビの経験がどう生きている?

異なる立場の意見から妥結点を見つけていく土台に!

現在は、いわゆる舞台の裏方スタッフとして、出演者に最高のパフォーマンスを行ってもらえるよう、またきてくれたお客さんが楽しめるよう準備をするのが仕事です。裏方といっても、関係者といろいろな調整を行ったり、出演者の小さな変化に気がつけるように、と日々のコミュニケーションが必要不可欠です。大学生ナビの時に聞いた社会人の様々なエピソードは、自分自身が働く上での支えになっています。多様な価値観をもつ高校生や大学生ナビの仲間と話をした経験は、異なる立場の関係者の意見を集約し、妥結点を見つけていく現在の仕事にもとても役に立っていると思います。

4最後に一言メッセージ  

 “yes, and!” 少しでも気になったら、一旦ぜひチャレンジを!まずやってみよう!

  

かとけん

1就職業界 

旅行業

2今の仕事は?

主に出張に付随するサービス・入社式などの会合・経費精算システム・ビジネスマッチング・海外視察などを提案し。企業の売上を伸ばす・企業の悩みを解決する仕事をしています。

3大学生ナビの経験がどう生きている?

相手の本音を聞き出すということ

大学生ナビは社会人のリハーサルに参加し、フィードバックする日があります。プレゼンの根本がしっかりしていないと高校生に伝わらないどころか、高校生が飽きてしまいます。なので、リハーサルの際は、社会人が本当に伝えたいことを聞き出すのが重要です。私は「悩みを聞く」という事を企業に対して行なっています。お客様が何に困っていてどのようなサービスを欲しがっているかをいかに的確に把握するかで自分に対する信頼度が変わります。「社会人に対して本音を聞き出す」という経験が、お客様に対して本音を聞き出すという仕事に生きています。

4最後に一言メッセージ  

まずは軽い気持ちで説明会に来てみてください。

   

まゆ

1就職業界 

ITコンサル

2今の仕事は?

企業に対してやりたいことを聞きながら、今使っているITシステムを新しくする、もしくは全く新しいシステムを入れることで、より効率よく仕事ができるように手伝う仕事

3大学生ナビの経験がどう生きている?

「できることを何でもやる」という姿勢

大学生ナビ時代は、高校生にとって学びのある機会になるよう、私ができることは何でも実践する姿勢を大切にしていました。例えば、社会人とこまめに会話して当日社会人が安心して臨めるような空気作りを目指したり、当日焦らないように前日までに当日のスケジュールをまとめた紙を用意したり、当日は高校生と話す時は絶対笑顔でいようと心がけました。一つ一つは小さいけれど、当日イベントの雰囲気に繋がったのかなと思っています。

社会人になった今も、今の仕事をもっと効率よくやるにはどうしたらいいんだろう、といつも考えています。例えば、チーム数人で似た資料を作る時、それぞれが資料を作っていると後で見栄えを統一していたのですが、上司に「テンプレートを使用するのはどうか」と相談しました。その後、私が作成したテンプレートをもとに個々が作業を始めたので、最初の頃よりだいぶ短い時間で仕事が終わるようになりました。結果として、チームに貢献したとして会社から頑張った賞を頂きました。

ナビ時代の「できることを何でもやる」という姿勢が今でもすごく役立っているなと実感しております。

4最後に一言メッセージ  

私が大学時代一番頑張った、思い出の詰まった場所です。

何か挑戦したいあなた!一度説明会へ!

   

りこ

1就職業界 

新聞(福島の地方紙です)

2今の仕事は?

記者が書いた記事に見出しを付けて、紙面にレイアウトする編集の仕事。

3大学生ナビの経験がどう生きている?

相手の言葉を上手く汲み取ろうとする姿勢

べらんめぇ口調の職人気質なおじさんが多い職場です(笑)福島弁訛りは強いし、その上、言い方もキツイ。1年目で、最近までミスして怒られる度、ビクビクしていました。「怒られたー」って落ち込んでミスを重ねるよりは、「今の注意は自分にどういった落ち度があったのかな?」と次の改善策にするようにしています。大学生ナビは、社会人の方のお仕事ストーリーを高校生の心に届ける手助けをします。プレゼン作成途中は肝心のストーリーがしっくり入ってこない場合があります。その際は、社会人の方の気持ちに一生懸命寄り添って、一番大切な場面を汲み取ります。高校生に本当に伝えたい事は何か?を問い続けて、ストーリーの本質を汲み取る姿勢が重要です。それと同じで、言い方のキツい注意も、一番気をつけるべき点はなんだったのかって考え直して、次に生かすようにしてます。

4最後に一言メッセージ  

楽しいはもちろん、学ぶこともたくさんあります!ぜひぜひ参加してみてくださーい!

   

なおき

顔がでかいやつではありません。一番右です!

1就職業界 

商社/製造業

2今の仕事は?

新規事業の営業・拡販企画。新規顧客訪問やLP作成・プロモーション企画などをしています。

3大学生ナビの経験がどう生きている?

スピードとメンタル!

必要な報告は60点〜70点くらいでも納期前に提出し、フィードバックをもらう。作成⇄修正のサイクルスピードがいい報告・作品を生む。ここは仕事もシゴチカの準備も共通するスキルだな、と思います。またシゴチカに登壇する社会人から学んだことは、間違いなくメンタル面。成果を出すことはもちろん大切だけど、やり抜く姿勢が一番大切。明けない夜はない!

4最後に一言メッセージ  

僕たちの未来は明るい、そう思えた場所でした。迷ったら飛び込め!

   

しょこたん

1就職業界 

小売業 

TVショッピングを軸に、WEB・SNSなど様々な媒体を通して、24時間365日商品を販売してます。

2今の仕事は?

バイヤーが、これ売るぞと持ってきた物を、1時間のTVショッピングのショーでどのように、説明し売れば、多くのお客様が買ってくれるかを分析し、必要な物をOAまでに準備する仕事をしています。

3大学生ナビの経験がどう生きている?

相手にいかにわかりやすく伝えるか

私は今、TV通販でキッチン用品担当として様々な商品の販売戦略を考えています。”どのように商品の良さを伝えればいいのか”  “どんな説明が番組を見てくれてるお客様の心にささるのか” “どのようにディスプレイしたら買いたくなるのか” などを考えて、OAまで創り上げていきます。一つの商品に対し1日の売り上げ予算1億5千万を目標に戦略を考える時もあります。

大学生ナビでは、社会人のプレゼンを聞いてアドバイスをする時や、ナビゲーターとして本番当日の進行を練習する時に” どう話せばもっと伝わりやすいのか””どんな言い回しが良いのか”どんな話し方をすれば高校生が楽しく聞いてくれるのか”を考える機会がたくさんありました。この「伝え方をたくさん考えた経験」が、戦略を考えるときにとても役立っています。

4最後に一言メッセージ  

シゴチカは、自分次第で就活や社会人になってから役立つスキルを楽しく身につけられます!

是非やってみて!